インターネット広告

特徴

イメージ

比較的リアルタイムに広告ができる。(Yahooリスティング,Adwords広告の場合)
バナー広告の場合は、リアルタイムでの広告は難しい。また、ポータルサイトを利用の場合は費用も高額になる場合が多い。
インターネット広告でホームページに誘導さえすれば、ホームページの内容は容易に変えられるため便利。

バナー広告の特徴

ポータルサイトでのバナー広告は多くのアクセスを生み、より多くの人に企業・商品を知ってもらえる。
ただ、広告の費用対効果を考えると、安価な商材では導入は難しい。費用も、かなり高額になります。

PPC広告(オーバーチュアアドワーズ広告)

検索キーワードに連動した広告サービスであるため、費用対効果には優れる。
商品の内容を見てもらうにはキーワードの設定が重要であり、キーワードの設定によってはあまりアクセスは望めない。

SEO

検索で上位表示表示を行うのはPPC広告と同じであるが、PPCより広告という意識がクリックする側(利用者)にないため、効果は大きい。
上位表示される保証がないため、安定的に効果を出すのは難しい。

アフェリエイト

広告主がA8などのアフェリエイトサービスを利用し、多くのサイトにて広告主様のサービス、商品を宣伝します。
多くの資料請求、アクセスを生むには力不足かもしれませんが、非常にコストパフォーマンスのいい宣伝手法です。

インターネット広告について詳しくは下記サイトをご覧下さい。

大阪のSEOサービスFOA
ページのトップへ戻る