新聞広告

新聞広告

特徴

イメージ

定期購読者が大多数なので、安定した効果がある。 保存し、読みたい時に読み返せる等の効果もあります。専門紙の場合、ターゲットを絞り込め、本当に情報を配信したい企業に情報を提供できます。 ホームページへ誘導することで、新聞広告出していない日にも商品紹介が可能。紹介が可能。

注意点

広告を考える場合、次の点を考える必要があります。 ターゲットはどのような人か? どれくらいの部数で、どれくらいの費用か? 当然、部数が多くなれば、費用も高くなります。 等が考えられます。

広告面の空き枠は限られており、いつも広告枠が空いているわけではございませんので、サイトへの掲載はしておりません。

紙面の枠が急遽空いてしまった場合などに、安くなることがあります。当サイトでは、お問合せを頂いた方に、お得な情報をお知らせしていただいております。   

海外製造業のマーケティング

海外製造業の日本へのマーケティング戦略といえば、代理店、インターネットを利用したホームページと考えてしまいがちですが、新聞記事掲載、新聞広告を利用すればより成功の確率はあがるのではないでしょうか?
弊社では、海外企業様(製造業に限る)の日本進出(商品製品発表、新聞広告、新聞記事掲載のお手伝いをしております。)

広告料金(3段1/4)

イメージ

日本経済新聞の場合
3段×1/2のスペース代(104mm×193mm 右記イメージの横が倍の大きさ)
2,364,000円

全国 日刊工業新聞 普通面の場合
→料金は日刊工業新聞公式サイト

近畿 日刊工業新聞 普通面
63,690円

広告料金(2段1/2)

イメージ

日本経済新聞の場合
2段×1/2のスペース代
1,576,000円

全国 日刊工業新聞 普通面の場合
→料金は日刊工業新聞公式サイト

近畿 日刊工業新聞 普通面
84,920円

※価格は、インターネットにより調べた価格ですので、参考程度と考えてください。

お問い合わせフォームへ

商品、会社の知名度を上げる広告

日本経済新聞日刊工業新聞などであれば、部数も約300万部、約46万部と非常に多く、非常に多くの人に知っていただくことが可能となります。広告費をとれるのであれば、または安ければ、ぜひ新聞広告を出したいと思うのではないでしょうか?あなたならどうしますか?

ターゲットは?

広告を打つとなれば、当然どのような人に知って欲しいか?によって、掲載を申し込む新聞紙は異なります。

予算に応じた紙面

新聞広告の場合、紙面(一面、最終面、普通面など)や、広告の枠の大きさ(2段1/2、3段1/4など)がいろいろあります。ご予算に応じて紙面と枠の大きさを考えてみてはどうでしょうか?

単発?

新聞広告、チラシでよく言われていることですが、継続していくことで知名度がアップし、反響が変わるのです。 そうは言っても、予算が・・・というのが現状ではないでしょうか?

もっと効果的なのは?

新聞広告よりももっと効果的な方法は、新聞記事で掲載されることでありますが、これはなかなか難しい。もし、記事で掲載されると商品、サービスの質を認められたと読者が感じることも多く、売上アップ、知名度アップにつながります。→パブリシティー戦略

工業新聞の広告の変わった利用法

普通の考え方からいうと、工業、産業新聞に広告を出す企業は、B2Bを前提に広告を出す場合がほとんどです。
しかし、よく考えてみてください。これらの新聞を読んでいるビジネスマンをターゲットにする商品は普通の新聞に広告を出すよりも、コストパフォーマンスがいいかもしれません。
たとえば、養毛の宣伝や、スーツの宣伝など・・・・B2Cの広告でも、いいのです。
まだ、多くの企業が気が付いていないので、いいかもしれません。

工業新聞の読者は?

一般に、メーカー企業の管理職、経営者となるでしょう。つまり、中年で男性ということになります。

どんな商品が広告として向いているのか?

読者が管理職であると考えると、これらの人にDMや電話での営業をしているサービス。たとえば、人材派遣、レンタルオフィス、翻訳サービスなど。
また、中年男性とみるならば、養毛の宣伝、ゴルフ場の会員権、スーツの広告、住宅の広告、ビジネスバッグの広告、出張関連のサービスなど。

どうして工業新聞を利用して宣伝しないのか?

どうしても、広報、営業担当は、工業新聞=工業製品の宣伝と直感的に決め付けているからです。でも、読んでいる人は・・・・

すでに利用している企業もいる

最近よく見ていると、養毛や住宅の関連広告が出始めているのです。一度、ご利用してみてください。

興味のある方は、新聞広告からお問合せくださいませ。

ページのトップへ戻る